<   2010年 10月 ( 43 )   > この月の画像一覧

何時もの風景 (雨に煙る紅葉)

本当は晴れた日に撮りたい何時もの風景の秋版ですが、生憎の雨・・・
でもそれもまた風情があると撮った一枚です。
しばらく前から気温が一気に下がり乗鞍の紅葉も麓まで降りて来ました。
氷雨が降るようになると一気に進みますからこの辺りの見頃も間も無くでしょう。
c0036317_15293560.jpg

[PR]
by yoas23 | 2010-10-31 15:33 | 何時もの風景

クロカワ

飛騨では「ロージ」や「ドージ」とも呼ばれるこのきのこ、何時もなら1ヶ月ほど早くに発生するものですがまだ出ていました。
でもさすがこの時期となると傘の表は白っぽくなって来ますので、クロカワと言うよりシロカワですね(笑)
さてこのきのこは多少の苦味があることから人によっては好き嫌いがハッキリしています。
図鑑などでは「酒飲みには溜らない」とありますが、酒飲みしか相手にしない?そんなところでしょうか・・・
スライスして炭火で水分を飛ばして焼いて塩か醤油で・・・酒なら日本酒が合います。
c0036317_0181985.jpg

c0036317_0183052.jpg

[PR]
by yoas23 | 2010-10-30 00:21 | きのこ

秋色付いています・・・

きのこ狩りに夢中になっているとなかなか上を見ないのですが、時折目を反らすとそこには秋があります。
もう随分低標高まで紅葉前線が下がって来ました。
今はちょうど1200m辺りが見頃となっています。
c0036317_3322699.jpg

c0036317_332364.jpg

↑ 一房の山ぶどう・・・気に入った一枚なのでサイズを大きくしました^^
[PR]
by yoas23 | 2010-10-29 03:33 | 日々の発見

続けてきのこの話題 (ニガクリタケ)

一度きのこ狩りに行くと色々採れる上、秋のきのこの時期も短いためネタがダブついて来てしまいます。
急いでアップしなければ・・・

毎年起こることなのですが、今年もきのこの中毒がありましたね。
起こる頻度は天然物のきのこを食する習慣と比例するようで東北や長野が多いようですが、たまには飛騨でも起こっているようです。
きのこの中毒には色々ありますが、多いのは消化不良から来る嘔吐、下痢、それでも稀には死にも至ると言う事で恐れられています。
これはちょうどフグの毒に似ていますね、もっともフグの場合は一度当たったらお終いですが・・・

中毒の代表的なものはクサウラベニタケ、ツキヨタケ、そしてコノニガクリタケが上げられますが、
どれも食べられるきのこに似ている事が共通点です。
クサウラベニタケはしめじに、ツキヨタケは椎茸に、そしてニガクリタケはクリタケやナラタケに似ています。
でも特徴をしっかり覚えれば間違うことは無いのですが・・・
それでも今年は事もあろうにきのこ狩りのプロ?が間違えてしまいましたね。
普通で考えたら間違うことの無いのですが、きっと思い込んでしまったのでしょう。
自分が当たるのは仕方ないとしても、信じて買った人を・・・これはいけませんよね。
以下、ニガクリタケ(有毒)です。
c0036317_934923.jpg

c0036317_9342162.jpg

c0036317_9343262.jpg

確かにクリタケなどのように枯れ木に群生していますが、より小さいことと色が黄色いこと、それに噛んでみると判るのですが苦いです。
[PR]
by yoas23 | 2010-10-28 09:39 | きのこ

ナラタケの爆発!

今年の秋のきのこ事情は例年と違って豊作になり、普段ではたくさん見られないようなナラタケなども一時凄い量が出ていました。
飛騨ではクリタケやナラタケの仲間を総称して「もたせ」と呼んでいますが、クリタケより少し早く発生します。
料理には万能で良い出汁が出ることで知られています。
c0036317_05302.jpg

c0036317_0531059.jpg

c0036317_0532025.jpg

c0036317_0533031.jpg

写真の上3枚が成菌、一番下のものは老菌で真っ白な胞子を蒔いています。
[PR]
by yoas23 | 2010-10-28 00:57 | きのこ

イカリモンガ

昼間、花に訪れているとこれも蝶かと思いますが実は蛾です。
前翅の表に錨の紋があることからの単純な名前、でもそれが何と無く通りが良いように読めますね。
裏面は保護色の褐色ですが表は黒と赤だけのシックな模様です。
c0036317_5133235.jpg

c0036317_5134350.jpg

高山市下切町にて
[PR]
by yoas23 | 2010-10-27 05:18 | 昆虫

アカヤマタケ属のきのこ

公園の芝生の上などに輪を描くように群生している真っ赤なきのこはインパクトがありますね。
食毒の区別より先ずはその可愛らしさに見入ってしまいます。
実際は毒成分のムスカフラピンを含み、食べた人によっては酒酔い状態などの症状を起こすとあるそうです。
顕著な毒きのこではありませんがなるべく食べないようにした方が無難です。
c0036317_246431.jpg

c0036317_246171.jpg

c0036317_2462784.jpg

高山市久々野町にて
[PR]
by yoas23 | 2010-10-26 02:47 | きのこ

♪トンビがくるりと輪を描いた~

・・・と思ったら、どうも様子が違います。
秋の空が澄んでいて車を運転中にも青空を楽しんでいますが、時々上空を滑空するトンビもよく見かけます。
でもこれはちょっと違う・・・直感で車を停めてカメラの用意をして見上げました。
良く見ると翅の裏の模様からノスリと判断、案外高山市の市街地周辺では時々見られる猛禽類なのですが、
気付かない人が多いようです。
c0036317_454396.jpg

c0036317_4541287.jpg

c0036317_4542017.jpg

高山市漆垣内町にて
[PR]
by yoas23 | 2010-10-25 04:55 | 日々の発見

マイタケのちょっと変わった食べ方

今年はきのこ全般に発生が良くマイタケもたくさん出ました。
何度か奥山へ出掛けたのですが、最後になると何時もの食べ方にも飽きて・・・
そこで天然物ならではの茎の硬さを利用して漬物にしてみました。
さっと茹でて適当な大きさにカットしたものを一夜漬けにします。
茹でたのにしっかりとした歯ごたえが残ってさっぱりとした一品になります。
c0036317_1561628.jpg

c0036317_1563344.jpg

c0036317_157034.jpg

↑ こちらは普通の浅漬け。

c0036317_1573815.jpg

↑ そして一味違った胡瓜とイカキムチにも合わせてみました。
[PR]
by yoas23 | 2010-10-24 02:01 | 食いしん坊

2010年秋の高山祭り 12 (布袋台のからくり人形の取り付け)

秋の高山祭りの記事、最後に面白い光景をご覧に入れましょう。
これはアクシデントとも言える滅多に見られないことです。
10日の午後のからくり人形の実演前に小雨が降って来て急遽中止となった後、
天気の回復から実演が行われることになりました。
急いで外してあった布袋様を屋台に取り付けます。
c0036317_1162314.jpg

↑ 空がにわかに暗くなりポツポツと降って来ました。

c0036317_1164291.jpg

↑ 開演の30分前になって天気も回復したので外していたからくりの道具を取り付けます。

c0036317_1165633.jpg

↑ 布袋様の人形も同じように取り付けますが、近くで布袋様の人形が見られた人からは思わず「ラッキー!」の声が・・・

動画も用意しました、Moreからどうぞ。

More
[PR]
by yoas23 | 2010-10-23 01:19 | 飛騨高山 四季の旅