<   2011年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

テン

グーグルで「オコジョ」と入れて検索すると「オコジョの画像検索結果」の中に四季彩日記の画像も出て来ます。
そのためなのか何時も四季彩日記のワード検索の上位にあり人気の画像のようです。
さて、同じイタチ科の動物にそれより大きなテンがいます。
オコジョも出くわすのは稀ですが、テンは更に珍しいものです。
しかし生息数は決して少なくなく運が良ければ見られることもあります。
秋から冬にかけての黄色い毛の色は高貴な感じさえ受けるものです。
c0036317_611539.jpg

[PR]
by yoas23 | 2011-01-31 06:14 | イラスト・スケッチ

寄せ鍋

こうも寒いと鍋物が良いですね。
あれこれメニューに困った時はこれに限ります。
寄せ鍋は何を入れても良くその土地によって様々ですが我が家は魚のことが多いです。
今回はシマダイ(イシダイ)と魚のすり身で作りました。
白菜は勿論ですが飛騨ねぶかも美味しいです。
c0036317_6111366.jpg

[PR]
by yoas23 | 2011-01-30 06:15 | 食いしん坊

ジョウビタキ

先日ルリビタキを載せましたがジョウビタキも同じヒタキの仲間です。
羽根に白い大きな紋があるので遠くからでも見分けが出来ます。
しかし雌は地味で他のヒタキとも良く似ているため分かり難いです。
こちらも日本の中で移動する鳥で夏は涼しい北国や標高の高い場所で過ごし、
冬は南の暖かな地で越冬するため、この時期に多く見られます。
c0036317_548758.jpg

[PR]
by yoas23 | 2011-01-29 05:51 | イラスト・スケッチ

融雪栓

飛騨古川の町中にはかなり以前から主要な道路に雪を溶かすための装置があります。
道路の高い部分に仕掛けられた水栓から絶えず水が流れているので降った雪も直ぐに溶けて積もることがありません。
高山市内より雪の多い場所ですから除雪費も大変と思いますがこのお蔭で重機も動かさないで済んでいるようです。
雪国ならではの発想ですね。
c0036317_5441535.jpg

[PR]
by yoas23 | 2011-01-28 05:49 | 日々の発見

眠れる渓

深々と雪が積もった渓は静かに眠っているようです。
今年は特に寒中に雨が一度も降らないので水量も少なく死んだように淀む水・・・
温みの感じられる春の雪解け水が流れ、岸辺に緑が芽吹くのを夢を見ているようです。
それでもネコヤナギのいくつかがもう見られました。
c0036317_6349.jpg

c0036317_631494.jpg

c0036317_632212.jpg

c0036317_63306.jpg

高山市丹生川町にて
[PR]
by yoas23 | 2011-01-27 06:04 | 日々の発見

しょうけ

もう一つ二十四日市に売られている「しょうけ」を紹介しましょう。
これは高山市久々野町の小屋名という集落で作られているので「小屋名しょうけ」の名があります。
普通のすす竹製の笊なのですが一か所に大きな穴が開けられており米を研いだ後、釜に移すのに便利な作りです。
語源についてはよく分からないのですが草筒の文字が当てられているようです。
c0036317_5404616.jpg

[PR]
by yoas23 | 2011-01-26 05:45 | イラスト・スケッチ

ばんどり

昨日は高山市の恒例行事の「二十四日市」がありました。
私は仕事で写真が撮れずその様子を伝えられませんでしたが、代わりに絵を描いて来ました。
これは何だろう?と思われる方は多いと思いますが実は雨具です。
藁を使って作った雨合羽とでも想像して下さい。
飛騨では古くから伝わる民具ですがとにかく着ていて軽いのが驚きで、透ゝなのに案外濡れない優れものです。
ただ最近は作る人が少なくなって貴重なものとなりました。
「ばんどり」とは飛騨の方言でムササビのこと、羽織った様子がそれに似ていることから付いたようです。
c0036317_6105850.jpg

[PR]
by yoas23 | 2011-01-25 06:13 | イラスト・スケッチ

しな漬け

ドラマ「赤かぶ検事奮戦記」が有名にしてくれた飛騨の赤かぶは、
冬が長い飛騨では欠かせない漬物で酸味と塩味がご飯を進めてくれます。
その赤かぶの中でも他の具材と一緒に漬け込んだしな漬けはちょっとした贅沢感もあり好まれます。
きゅうりの他、きのこや赤ごけ(サクラシメジ)、キクイモ、みょうがなどを好みで選り分けながら食べるのは夜長の楽しみでもあります。
c0036317_5353643.jpg

[PR]
by yoas23 | 2011-01-24 05:42 | 食いしん坊

一位笠 (蝉付)

高山市一之宮町(以前の大野郡宮村)では一位笠が作られています。
高山市では一位の一刀彫や一位細工などの産業がありますが元々は宮村から産出した材料を使っていました。
その関係からでしょうか普通は檜を使う和笠を一位で編んだものです。
特に蝉付と呼ばれる飾りのあるものは遊び心で作られたものでしょう。
こんなところにも飛騨の匠の手先の器用さが感じられると思います。
しかし一位笠も他の伝統産業同様で後継者不足のため現在では作る人も少なくなっているようです。
c0036317_5463553.jpg

c0036317_5464823.jpg

[PR]
by yoas23 | 2011-01-23 05:48 | 飛騨の暮らし

鯵の干物

魚の干物で一番人気は鯵でしょうか?
鱈や鰯などもよく見かけるのですがやはり鯵の方が多いですね。
鯵と言えば静岡の沼津が有名で、こちらにも入って来ています。
脂の乗ったのをアツアツで温かなご飯に載せると食も進みますね。
c0036317_652391.jpg

[PR]
by yoas23 | 2011-01-22 06:06 | イラスト・スケッチ