<   2011年 06月 ( 34 )   > この月の画像一覧

アイナメの刺身

飛騨のスーパーではアイナメという魚は滅多に売られていません。
昔は干物で結構出回っていたのですが、最近は干物も同じ根魚のホッケに押されているようですね。
さてこのアイナメは1年を通して味が変わらない魚とも言われますが、一般的には旬は春から夏辺りとのことです。
白身で淡白と思いきや実際は結構脂肪分の多い魚です。
今回は鮮度の良いのが手に入ったので刺身にしてみました。
c0036317_21255724.jpg

c0036317_2126657.jpg

c0036317_21261937.jpg

[PR]
by yoas23 | 2011-06-04 21:32 | 食いしん坊

新緑の宇津江四十八滝 4

今回はあさぎり渓谷から平滝までの行程です。
四十八滝には〇〇渓谷と言うところがいくつかありますが、そこは比較的平坦な場所です。
流れも緩やかで、荒々しい滝と良い対象となっており、水の穏やかさは観る側にも安らぎを感じさせてくれます。
c0036317_1493740.jpg

↑ 少し陽射しが強く感じられるようになりました。そうなると飛沫も白さを増しますね。
 
c0036317_149546.jpg

↑ 遊歩道脇の栃の木、葉っぱは朴葉に似ていますが朴に比べ葉柄に近い部分が細いです。

c0036317_150584.jpg

↑ 瞬間に止まったような流れ・・・右はオシダで、よくゼンマイと間違えられます。

c0036317_1501714.jpg

↑ 近景はサワグルミ(左)とクロモジ(右)です。

c0036317_1502932.jpg

↑ ようやく滝らしい絶景が見られる場所に来ました。

c0036317_1505731.jpg

↑ これは平滝(落差3m )、三段の滝の一番下です。

c0036317_1511358.jpg

↑ 夏なら靴を脱いで足を浸けてみたいですね。
[PR]
by yoas23 | 2011-06-03 01:58 | 飛騨の国紹介

新緑の宇津江四十八滝 3

前回の雪の中と違ってこの季節は木々の種別も確認出来ますし、草花もそれぞれの特徴を見せてくれます。
素通りすることなく注意深く歩いているからでしょうか、3回目でもまだ入り口付近です。
別に急ぐことはありませんね、今回はあさもや渓谷から朝霧滝までです。
c0036317_085145.jpg

↑ そんなに急ではありませんが階段に歩幅を合わせて歩くのが大変と思われませんか?

c0036317_09592.jpg

↑ 道端で見付けたシソ科のカメバヒキオコシです、葉っぱがカメの形に見えますか?

c0036317_091753.jpg

↑ そして寝牛岩、何と無く寝そべった牛の後姿に似ていますね。

c0036317_092843.jpg

↑ 陽射しが水辺まで広く届いてると森の中も明るく見えます。

c0036317_094244.jpg

↑ 見上げれば木立の向こうに青空が・・・

c0036317_095386.jpg

↑ 朝霧滝(落差2.5m )です。
[PR]
by yoas23 | 2011-06-02 00:12 | 飛騨の国紹介

朴葉寿司

朴の葉が大きくなるとこの時期よく作られるのが朴葉寿司です。
岐阜県の東濃から飛騨にかけての郷土料理でその家庭によって入れる具材は変りますが、
主に鱒か鮭、しいたけ、わらびや姫竹などの山菜、錦糸玉子、紅しょうがなどです。
朴の葉には殺菌作用がありますからお弁当には最適です。
独特の葉の香りがして朴葉味噌とはまた違った趣の利用法です。
c0036317_2495943.jpg

c0036317_2501058.jpg

[PR]
by yoas23 | 2011-06-01 02:51 | 食いしん坊